ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


最近の更新


サイドバーの編集

guide:character

以前のリビジョンの文書です


キャラ選択の手引

編集途中です

はじめに

「最強職をやりたい」、「パーティに入りやすいクラスをやりたい」等の希望があるかもしれないが、アプデごと・メンテごとに火力や需要が上下することはよくあるのを頭に入れておいてほしい。

火力職と支援職

クラスを大まかに二つに分けるとすると、火力職と支援職に分けることができる。 一般的にバフ・デバフ等の支援スキルが増えるほど攻撃スキルが減るため、支援スキルが多いクラスが支援職、支援スキルが少ないクラスが火力職とも言える。 しかし、強力な支援スキルを持ちながら、高火力な攻撃スキルを持っているクラスもあるため、そもそも火力職と支援職に分類する意味が薄れてきている。

分け方に正解があるわけではないが、70キャップ時点での分類の一例として以下に掲載する。

火力職
グラディエータームーンロード
スナイパーアーティラリー
テンペストウィンドウォーカー
セレアナ
スマッシャーマジェスティー
シューティングスターギアマスター
アデプト
ダークサマナーソウルイーター
ブレイドダンサースピリットダンサー
リッパーレイヴン
アビスウォーカー
支援職
バーバリアンデストロイヤー
ガーディアンクルセイダー
セイントインクイジター
エレストラ
フィジシャン
ライトフューリー

火力職

敵のHPを削る役割をするクラスを指す。他のネトゲではダメージディーラーやアタッカー、DPSなどとも呼ばれたりする。

準火力職

メイン火力をするほどではないが、そこそこの火力を持つクラスを準火力職とすることもある。

支援職

バフやデバフ等で火力職のサポートをするクラスを指す。敵の攻撃を引き受けるタゲ(タンク・タンカー)や、味方の回復を行う回復職(ヒーラー)も含む。

クラス詳細

ソードマスター

  • 主に火力担当。3次職により物理と魔法に分かれ、戦い方が少し変わってくる。

グラディエーター

  • 近距離火力職。
  • 物理依存で扱いは難しいが火力は高く、戦闘後半はフィニッシュアタックにより全職中トップクラスのダメージを出せる。

ムーンロード

  • 中~遠距離火力職。
  • 魔法依存でやや癖のある広範囲高火力のスキルを持ち、魔法被害増加デバフを持つため、魔法職との相性も良い。

マーセナリー

  • 味方を守るバフデバフが豊富だが、他のプレイヤーが慣れてくるにつれて需要は下がっていく。

バーバリアン

  • 火力寄り支援職。
  • ボーンブレイク等による攻撃力上昇により、火力職には劣るがある程度の火力は出せるようになっている。

デストロイヤー

  • 防御寄り支援職。
  • アーマーマスタリーによる自己回復とパニッシングスイングEXによる挑発効果によって、パラディンのような役割をする事も可能になっている。
  • パラディンに次ぐタンクあるいはパラディンの代役として優秀。

パラディン

  • オンラインゲームではタンクと呼ばれる職であり、主に敵のタゲ(敵の攻撃対象)を自分に向け、PTメンバーに被害が及ばないように敵の攻撃を凌ぐのが役割の一つ。
  • 攻略段階ではタンクの需要は非常に高いが、消化段階だと不要になることが多々ある。

ガーディアン

  • 防御寄りタンク
  • 味方を守るタンクの鑑。
  • 強化予定あり。日本ではおそらく10月。

クルセイダー

  • 火力寄りタンク
  • 強化により火力は上昇したが、高難易度ダンジョンではタンクとしての動きが求められる。

プリースト

  • 強力なバフをもつヒーラー。
  • ライトフューリーの登場により唯一無二のヒーラーではなくなったが、未だに需要は高い。

セイント

  • 支援寄り回復職
  • 回復スキルに磨きがかかり需要は更に上昇。
  • 状態回復スキルが使いやすくなり、敵に防御デバフを付与することも可能になっている。

インクイジター

  • 火力寄り回復職
  • 強力な広範囲攻撃を持ち、強化によりヒーラーとは思えない火力を得る。
  • 高難易度ダンジョンでの需要はセイントに負ける。

ボウマスター

  • 中~遠距離による攻撃が主になる火力担当。3次職により物理と魔法に分かれ、戦い方が少し変わってくる。

スナイパー

  • 中~遠距離火力職。
  • 物理依存でクールタイムは長いが高火力スキルを持ち、足は止まるが長射程のスキルを持つ。

アーティラリー

  • 中~遠距離火力職。
  • 魔法依存で広範囲攻撃スキルを多く持ち、マジカルブリーズによって手数が増えるため、立ち回りの幅が広くなっている。
  • おそらく8月中に強化される。

アクロバット

  • スピブによるバフが特徴的な準火力職。
  • スキル単体の火力よりも高い機動力と短いクールタイムのスキルを繋いで火力を出すのが主なスタイル。
  • 強化予定あり。日本ではおそらく9月。

テンペスト

  • 近~中距離火力職
  • ほとんどのスキルがEX化によって攻撃範囲が広くなり、より大きく動けるようになっている。
  • ダメージアップデバフがある分、ウィンドウォーカーよりはPT支援できる。

ウィンドウォーカー

  • 近距離火力職
  • ショータイムによる全職一の機動力を誇り、より空中で動けるようになっている。

エレメンタルロード

  • 「火」が火力、「氷」が支援といった特徴が目立つクラス。
  • 3次でセレアナを選ぶと「火」に、エレストラを選ぶと「氷」のスキルがそれぞれ強化され、役割も変わってくる。

セレアナ

  • 火属性火力職
  • 追加ダメージを与えるスキルが多いが、前提条件として敵を「やけど」状態にさせる必要がある。
  • 氷結スキルが使えないわけでもないので、凍らせることでPT貢献も可能。
  • 強化により火力は十分だが、エレストラの存在のせいで職ごとの分配があるようなダンジョンでは募集されにくい。

エレストラ

  • 氷属性支援職
  • 強力な氷結スキルを複数持ち、攻撃範囲も広くなるがクールタイムが長く、威力も控えめ。
  • 一応、ある程度の火力は出せるが凍結を割ってしまうため、ひたすら敵を凍らせる作業が主になる。
  • 改変予定あり。日本ではおそらく9月。

フォースユーザー

  • 広範囲なスキルとタイムエクセレイションやタイムリストリクションによるバフデバフが特徴的な準火力職。
  • 3次は「闇」か「無属性」を選ぶ事になり、属性の有無で戦い方や装備等が変わってくる。
  • 吸い込みや時止め等のスキルがステージでは大いに活躍するがボスには全く効かない為、ネストでは比較的活躍しづらいのが難点。

スマッシャー

  • 近~中距離火力職
  • 無属性のため属性強化バフ等の影響を受けないが、敵の属性抵抗の影響も受けないので比較的安定した火力を出す事が可能。
  • 属性竜珠によって闇以外の属性PTに馴染めるのも利点の一つ。

マジェスティー

  • 闇属性火力職
  • 闇属性で敵の動きを制限するスキルが強化され、闇耐性も下げられるように。
  • クールタイムが長いので持続火力は低いが、スティールマジックによるバフとスイッチグラビティーによる瞬間火力はトップクラス。

エンジニア

  • 強化により過去の栄光を取り戻した火力職。
  • 実弾装填、召喚物、メカニックモードという特徴的なスキルがあり、うまく使い分けていくクラス。
  • 召喚物は高性能だが使う場面によってはPTに危険が及ぶ事もある。

シューティングスター

  • 砲撃寄り火力職
  • 砲撃スキルによる火力を高めたクラスで、実弾を装填すればする程更に高い火力が期待できる。
  • 召喚物がなくても火力が出せるのも利点。

ギアマスター

  • 召喚寄り火力職
  • メカダック系列スキルが強化され、チェーンソータワーという高い攻撃力をもつ召喚物を出せる。
  • メカニックモードでチェーンソータワーを使うことで召喚物無しでもある程度の火力は出せるようになっている。

アルケミスト

  • 「火」「氷」「闇」の属性を主に扱い、「バブル」という特殊なバフをストックし、使いながら戦っていくクラス。
  • 広範囲で高火力なスキルと多少の回復が可能だがどれも少し癖があるのも特徴。

アデプト

  • 火・氷属性火力職
  • 強化により一躍火力職へ。
  • 火力となるスキルが強化されて凍結もできるようになり、バブルがあればかなり高い火力を得られる。

フィジシャン

  • 火力寄り回復職
  • 回復スキルを多く持つが、セイントやライトフューリーと比べるとメインヒーラーにはなれない。
  • 装備や構成によっては火力職並の火力を出す事も可能。
  • 強化予定あり。日本ではおそらく10月。

スクリーマー

  • 闇属性に特化された職であり、バフデバフが多いのが特徴な支援寄り火力職。
  • 「呪い」のデバフにより、属性職との相性が良い。
  • 強化予定が未定となった。

ダークサマナー

  • 近~中距離火力職
  • 闇属性バフによりソウルイーターより闇構成PT支援能力が高い。

ソウルイーター

  • 中距離火力職
  • CTバフ・CT抵抗デバフにより、CTが足りてないキャップ開放後は強い。

ダンサー

  • ダンスによる自身の火力増加やPTの回復・火力支援等が可能な火力職
  • 強力な追加ダメージバフを持っているが、下方修正により以前のように必須とは言えなくなった。

ブレイドダンサー

  • 近距離火力職
  • 近接攻撃に特化しており、多段ヒットでクールタイムは長いが高火力のスキルをもつ。

スピリットダンサー

  • 近~中距離火力職
  • 範囲攻撃に特化しており、低めの威力ではあるが短いクールタイムでヒット数少なめの高火力スキルをもつ。

チェイサー

  • 主に火力担当で3次職になると高い火力にさらに属性を付けられるようになるのが特徴の火力職
  • 実装当初からトップクラスの火力を持ち、一部のバフは下方修正されたが、火力は健在。

リッパー

  • 火属性火力職
  • 火属性バフを持っているが、火属性PT自体がまれ。
  • やや癖のある高威力のスキルを持つ。

レイヴン

  • 闇属性火力職
  • 比較的当てやすいスキルが多く、闇属性PTとも相性が良い為、需要は高め。
  • 他職の強化に押され気味だが、まだその火力は十分火力職として通用する。

ブリンガー

  • チャクラオブヒールが特徴的で召喚物や火力も出せる支援寄りクラス。
  • 短クールタイム/超射程回復・攻撃バフ・MP回復と優秀な支援性能でエンドコンテンツにはほぼ必須クラス。

ライトフューリー

  • 支援寄り回復職
  • 防御バフと回復スキル追加で高難易度ダンジョンで需要大。

アビスウォーカー

  • 支援寄り火力職
  • 闇属性バフにより闇属性PTが大幅強化される。
  • 火力職としての活躍が主だが、チャクラオブヒールを取得し、支援に徹する人も少なくない。
  • 攻略段階よりも消化段階での需要あり。

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
guide/character.1407463410.txt.gz · 最終更新: 2014/08/08 11:03 by guest