ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


最近の更新


サイドバーの編集

class:cleric:paladin

パラディン


クレリックからクラスチェンジ可能。
クレリックと比べ、シールド扱いに長けており、相手の攻撃を自動で防ぐスキルやシールドをかまえ、前方に突進するスキルを習得します。
パラディンは攻撃スキルの他に、支援魔法も取得するためパーティーの先頭に立ち仲間を守るクラスです。

クレリック系列の一部スキルには感電があり、敵の雷耐性を下げる効果がある。
感電はいくつかの系統に分かれていて、別系統であれば重複して耐性を下げることが出来る。
また、感電はしないけど耐性を下げる効果を持ったスキルもあり、他の感電スキルとも重複する。


スキルツリー

アクティブスキル

ホーリークロス

巨大な十字架を落下させて攻撃する。

  • クールタイムが短くて威力も高い。
  • 2014年6月25日のアップデートで、物理攻撃力が追加されて更に強くなった。
  • クルセイダーならEX化することで更に強くなり、主力として使える。

セクレドハンマーリング

光のハンマーを召喚し自身の雷属性を上昇させ、強力なダメージを与える。
敵は一定確率でスタン状態になる。

  • スキルが無くなったらこれで通常攻撃を連打するといい。
  • 自身の雷属性を増加させるバフでもあるのでMax振りを推奨する。

ライトニングチャージャー

雷の力を集め凝縮させて前方の敵に攻撃し、最大5体の敵を感電状態にし、雷耐性を15%減少させる。 感電状態の敵は一定時間放電し続け、周囲に雷を撒き散らす。

  • 感電は確定なのでしっかり当てるようにしよう。
  • 感電系統3に属する。

ライトニングスマイト

ジャンプして、着地と同時に雷攻撃を与え、一定の確率で敵を感電状態にし、雷耐性を15%減少させる。 ジャンプ中に無敵が発生する。

  • パラディン系列の主力スキルなので、Max振り推奨。
  • 感電系統2に属する。

トールハンマー

Lv40で取得出来るクルセイダー系列のマスタースキル。神聖な力で巨大なハンマーを召喚し、敵を3回叩きつける。 スキル使用時に力と知力のステータスを上昇させるバフが発動する。

  • このスキルのモーションが長いせいで、せっかくのバフを活かせる時間が少なくなってしまう。
  • マスタースキルとしては「ディヴァインアバター」の方が使いやすいため、こちらの使用頻度は低くなる。

スタンスオブペース

スキル発動後、ジャンプキーを押すと防御姿勢を取ることが可能。 防御姿勢中に移動すると姿勢が解除される。相手の攻撃を防御したとき、周囲の敵にダメージを与える。

  • 発動中はジャンプが出来ないため、ストンプなどの回避が不可能になることもあるので注意。
  • ガード系スキルに共通して、ストンプに合わせて使うと攻撃が遅延することがあるので使わないように。

ディヴァインパニッシュメント

敵から受けるダメージを反射する。反射によるダメージは自身の攻撃力以上になることはない。

  • 反射は自身の火力以上にはならないので、ダメージはおまけ程度で振る価値は高くない。

ウィールオブアイアン

一定時間、自身が受ける物理・魔法ダメージを大きく減少させる。

  • 持続時間が短いため、もし使うなら大技に合わせて使用するようにするといい。
  • Lvを上げても持続時間が少し伸びるだけなので、あまり振る価値はないと思われる。

ディヴァインアバター

Lv40で取得出来るガーディアン系列のマスタースキル。
神聖な力で周囲の敵にダメージを与え、自身の潜在能力を引き上げながら無敵状態になる。

  • 無敵貫通攻撃以外は大体避けられる。
  • スキルの効果的に、マスタースキルとしての使用頻度はこちらの方が圧倒的に高い。
  • クルセイダーなら「ジャッジスパワー」と合わせることでより強力な効果を得られる。

プロポーグ

敵を挑発して敵対心を自分に引き寄せる。挑発された敵のスタン率とCT率が減少する。

  • パラディンの代表スキルとも言えるスキルで、ターゲットを取るためのスキルとして優秀。
  • Lvを上げると持続時間が伸びるので、Max振りを推奨する。

アーマーブレイク

ダッシュで近づき敵の防具を破壊して、敵が受ける物理・魔法ダメージを増加させる。

  • 2014年6月25日のアップデートで、魔法被害も追加されてより強力なデバフスキルとなった。
  • Lvを上げることで被害増加とその持続時間が増加するのでMax振りを推奨する。

シールドチャージ

シールドを構え、突進攻撃を仕掛ける。詠唱中に受けるダメージが減少する。
攻撃時、敵対心が発生する。

  • 防御目的にも使えて、いざという場合には移動スキルとしても使える。

エレメンタルオーラ

半径10m以内のPTメンバーの火・氷属性の攻撃力と耐性を増加させる。
他のオーラスキルとの重複は不可。もう一度スキルを使用すると、スキルの発動を中止する。

  • 耐性も増加させるので、敵の属性によって使用するオーラを切り替えると良い。
  • ロードを含むエリア移動時にはスキルが強制的に解除される。

コンビクションオーラ

半径10m以内のPTメンバーの雷属性の攻撃力と耐性を増加させる。
他のオーラスキルとの重複は不可。もう一度スキルを使用すると、スキルの発動を中止する。

  • PTメンバーの持つ属性や敵の使う属性によってオーラを切り替えるようにすると良い。
  • オーラ系のスキルは共通してMPを持続的に消費するので、MPの枯渇には注意すること。

パッシブスキル

ファランクス

一定の確率で敵の攻撃を防御する。

  • 防御なら「シールド」や「スタンスオブペース」もあるので振る価値はそこまで大きくない。
  • ガード系スキルに共通して、ストンプに合わせて使うと攻撃が遅延することがあるので注意。

ファランクス・エア

一定の確率で空中で敵の攻撃を防御する。

  • PvPだと敵の主力スキルやコンボを避けるのに使える。

ディヴァインアセンション

防御中に通常攻撃を押すと、敵をシールドで攻撃することが出来る。
攻撃時、敵対心が発生する。

  • 威力はそこそこ強いが、ガードすることが前提のため、使える場面が限られる。

ディヴァインベンジェンス

防御中に特殊攻撃を押すと、衝撃波を起こし周囲の敵を攻撃する。 攻撃時、敵対心が発生する。

  • こちらもガードすることが前提のため、使える場面が限られる。

シンブレイカー

「クイックスライド」中に通常攻撃を押すと、スライディングしながら敵を攻撃する。
攻撃時、敵対心が発生する。

  • スキル使用時に若干の無敵が発生するため、攻撃の回避にも使える。

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
class/cleric/paladin.txt · 最終更新: 2014/08/11 12:44 by acro